乾燥肌

乾燥肌の症状と改善する具体的な方法について

今や季節的なものではなく年中通して悩んでいる人が多くなっている「乾燥肌」。

 

乾燥肌とは別名「ドライスキン」とも言われており、皮脂の分泌量が低下したり、角質債細胞間皮質などの減少によって、角質の水分含有量が低下している状態を指します。

 

そもそも皮膚の水分は汗をかいたり蒸気として自然に失われたりするものであり、水分をずっと留めておくことはできないものなのです。

 

ただ、失われた水分については体の内側から供給されたり、大気にふれることによって自然と水分が再び蓄積されるようになっているのですが、乾燥肌の人というのは、こうした水分の供給が何らかの理由で追いつかなくなってしまったことが原因と考えられます。

 

そして、乾燥肌がひどくなると色々な肌トラブルや日常生活にも悪影響を起こしやすくなります。

 

例えば、シワや毛穴が目立つようになったり、かゆみをともなって肌荒れを起こすことも珍しくありません。

 

また女性の場合だと、化粧のノリが悪くなったりすることもあります。

 

もちろん、年齢によって肌の水分や脂分は失われていくため、年を重ねるほど乾燥肌になりやすくなってしまいますが、それでもしっかり予防すればこうした肌トラブルになることはなくなります。

 

こうした乾燥肌を改善するためには、日頃からのスキンケアを見直す必要があります。

 

では具体的にどこを治していけばいいかというと大きく分けると次の3点です。

 

・洗顔
・保湿
・食事

 

 

洗顔から乾燥肌を改善する

 

洗顔をする際に気をつけるべきは「合成界面活性剤」が含まれていないものを使って洗顔することです。

 

合成界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせたもので、汚れを落とす働きがあります。

 

ここまで聞くと必要にかんじるかもしれませんが、実際に使ってみると効果が強すぎて外部の刺激から肌を守るための皮脂膜や角質層まで壊してしまう恐れがあるのです。

 

元々肌は皮脂膜によって守られており、それが破壊されると肌の水分保持が難しくなってしまい、最終的には乾燥肌になります。

 

だからこそ、乾燥肌を改善するには合成界面活性剤が含まれていない洗顔剤を使うことが重要なので、洗顔剤を購入する際は合成界面活性剤が含まれていないタイプのものを購入しましょう。

 

特にリキッドタイプやクリームタイプのものは、基本的に合成界面活性剤が含まれているので、固形の石鹸がお勧め。

 

さらに、洗顔する際にはなるべくキメの細かい泡が作ることが大切。

 

泡立てネットを使ってふわふわな泡を作り、その泡であまり強く擦らず時間をかけずに洗うのが正しい洗顔方法と言えるでしょう。

 

なお、泡の立ち方については石鹸によって異なるため、ある程度キメの細かい泡が立つような石鹸を選ぶのもポイントの1つです。

 

注意点としては、あまり強く擦らないことと、頻繁に洗わないことで、1日に朝と晩の2回洗えば十分です。

 

 

洗顔後の保湿で乾燥肌を改善する

 

洗顔を改善しただけでは乾燥肌が治ることはありません。

 

その後の「保湿」を正しく行うことで、肌に水分が保持できるようになり、最終的に乾燥肌が治りますので、洗顔後にしっかりと保湿することを忘れないようにしましょう。

 

そもそも洗顔にせよ化粧を落とすクレンジングにせよ、どうやっても角質層の細胞間皮質などが洗い流されてしまい、肌の水分保持力は弱まっている状態になります。

 

これらが自然に回復するには時間がかかりますし、それまで肌は何にも守られていない状態ですから、保湿を行って応急処置する必要があるのです。

 

保湿の仕方としては、洗顔後に化粧水を使うのが一般的で、これをきちんと継続できれば肌に潤いを取り戻すことができます。

 

具体的な化粧水の使い方についてはこちらのサイトで紹介している方法が一般的なのでぜひ参考にしてください。

 

ただし、水分をたっぷり補うために長時間お風呂に使ったり、肌になじみやすいオイルを過度に使うと、逆に乾燥肌がひどくなってしまう可能性もあります。

 

正しい保湿の仕方を身につけ、毎日行うことで徐々に乾燥肌の悩みが解消されていくでしょう。

 

 

 

食事から乾燥肌を改善する

 

乾燥肌を解消する方法として意外と知られていないものの高い効果が期待できるのが、普段の食生活の改善です。

 

肌を作っているのも、普段の食事で摂取している栄養ですから、食生活を改善することで皮膚の乾燥を防ぐことができます。

 

特に乾燥肌対策としては

 

ビタミンA(レバー、緑黄色野菜、緑茶など)
ビタミンB(豚肉、卵、大豆など)
ビタミンC(野菜、果物など)
ビタミンE(ゴマ、アーモンド、アボガドなど)
セラミド(こんにゃく、ひじき、ワカメなど)
α−リノレン酸・亜鉛(アマニ油、牡蠣、赤身の肉など)

 

が良いとされていますので、普段の食事でこうしたものを積極的に摂るようにしましょう。

 

 

 

乾燥肌対策は継続が大切

 

これまで紹介した乾燥肌対策は1,2回実践しただけでは何の効果もありません。

 

乾燥した肌に水分を保持させるためには、肌の内側と外側から少しずつ治していく必要があり、そのためには多少の時間がかかるものなのです。

 

そのため、毎日きちんと取り組み続けることが、乾燥肌で悩まなくて済む最短距離と言えるでしょう。

 

また、人によって乾燥肌の深刻度合いも異なりますので、完全に治るまでの時間も当然変わってきます。

 

市販されている石鹸や化粧水などで十分の人もいれば、「みんなの肌潤糖」などといった乾燥肌を治すのに特化した洗顔剤を使わないと難しい人もいます。

 

その人その人によって乾燥の度合いが異なりますので、それに合わせて使う洗顔剤や化粧水、さらには食生活の改善などを行い、じっくり確実に乾燥肌を治していってください。